スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

口コミではコントロールジェルmeはうなじにも効果的!

うなじを見られるのが嫌で、うなじを隠すような髪型ばかりだったとしても、コントロールジェルmeで髪も堂々と結べるようになります。


口コミでも、

こぼれやすくて塗りにくい感じはありますが、抑制効果はすごくあると思います

お風呂上がりに塗るだけで朝はお肌ツルツルになってま〜す。



といった評価が続いています。



■毛が濃くなる原因

髪の毛も含めて、うなじやヒゲ、わき毛やすね毛、陰毛などの体毛が濃くなるのはホルモンの働きが関係しています。

ホルモンには様々な種類があって様々な働きを持っているんですが、男性ホルモンと女性ホルモンという「性ホルモン」と呼ばれるものがあります。



簡単に言えば、男性ホルモンは男らしく、女性ホルモンは女性らしい体を作る働きがあって、男性ホルモンの影響が強くなると体毛が濃くなってしまうんです。

男性ホルモンが活発に分泌される部位では、毛根の中にある毛母細細胞の活動が活発化。毛が太く丈夫に育つようになるだけじゃなく、伸びた状態を長く維持できるようになってしまいます。




コントロールジェルmeのような抑毛ローションはそこで、男性ホルモンの影響力を弱くする働きのある成分を加えていきます。具体的には、大豆イソフラボンといった美容成分です。

イソフラボンは女性ホルモンと似た構造をしていることから、性質も女性ホルモンに似たものを持っています。イソフラボンを加えた部分の男性ホルモンの働きを相殺して弱めてくれるんです。



コントロールジェルmeの良いところは、塗った部分の体毛だけを減らしてくれる点です。うなじに塗ったのに前髪が薄くなってしまった!といったことは起こりません。

天然成分の効果でうなじの毛が伸びにくくなっていくので、肌荒れする心配もほとんどありません。敏感肌でも安心して使い続けることができますよ。



■脱毛よりも効果的!

うなじの毛ももちろん、脱毛して目立たなくすることもできます。施術を1回受けるたびに確実に毛が薄くなっていくので効果を実感しやすいというメリットもあります。

一般的に毛が生える周期(ヘアサイクル)に合わせて通うのが理想的と言われていて、1ヶ月〜2か月弱で脱毛してもらうが最も効果的な頻度になります。



ただ実際には、脱毛サロンは予約がいつもいっぱいです。平日の予約でも3か月以上待たされ、土日ともなると半年くらい待たなければいけないこともあります。

決して自分の思うスピードで脱毛が進んでいうわけじゃないし、やはり、人によってはかなり痛みます。痛みを和らげる処置もしてくれますが、それでも、うなじは肌が薄いので、痛みを感じやすい場所でもあります。



脱毛しても結局、半年とか1年もすれば毛がまたにょきにょき生えてくるので、通い続けなければいけません。コストもその分、多くかかることになります。




仮に脱毛するのであれば、コントロールジェルmeを併用するのがオススメです。脱毛した後にコントロールジェルmeを塗ることで、毛が生えるスピードを効果的に遅らせることができます。

コントロールジェルmeには食部エキスなどの美容成分も含まれていますから、脱毛でダメージを受けた肌も優しくいたわることもできますよ。



脱毛サロンで何度も脱毛していると、肌色がくすんで黒ずんでしまったり、肌が乾燥しやすくなってカサカサになってしまうことがあります。

コントロールジェルmeならば、美白効果のある美容成分も、保湿力に優れてた保湿成分も含まれていますから、脱毛後の肌トラブルに悩まされることもうんと少なくなりますよ。




うなじが見えるヘアスタイルもできるようにしてくれるコントロールジェルmeの効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓